患者にとっての拠り所

 総合病院と聞くと、どんな病状にも対応できる万能な施設なのだと捉える方が少なくないでしょう。医療の仕事に従事したいと考えている方は、総合病院に勤務することで、患者からあたかも救世主のようなまなざしを向けてもらえることがあるのだろうと思うのです。患者の心理として、「総合病院にかかれば私のような病状でもたちどころに快方に向かわせてくれるんだ」という期待があるからだと考えられるのです。患者によっては、総合病院が自分を救うための頼みの綱だというくらいに捉えていても不思議ではないのです。
 医療の仕事をするからには、総合病院に入職をするべきだと考えている方がおられるでしょう。患者が総合病院へのニーズが高ければ高いほど、その病院に勤めている医療人が患者のための医療行為ができるように尽力していき、総合病院の顔としての真骨頂を患者に表していくくらいの医療を提供していくことを意識するようになるのです。一方で、患者として病院にかかることを想定して、総合病院がある地域に移住しようと考えている方がおられると思うのです。体が不調になって病院にかかったときに、医師が、患者が何故病気になってしまったのかを多角的に分析して、患者である自分に対して効果的な治療を提供してくれるという期待があるため、総合病院にこだわっても不思議ではないのです。総合病院が増えていくことで、患者や後に患者となるかもしれない方も安心して生きていくことができる社会の構築につながっていき、総合病院が地域に愛されるものとして定着していくようになるのです。

Random Posts 最近のコメント

タグクラウド

サイト 労働環境 就活 履歴書 求人 祝い金 移住 総合病院 職場環境 転職